住宅ローンの審査基準について

悩む

住宅ローンの契約時には、金融機関による審査があります。
この審査では、物件の担保価値と借入を行う個人の属性に基づいて審査が行われます。

審査基準などは公開されていませんが、主に年齢、職業、勤続年数、収入、現在の借入や過去の返済状況などが重要なポイントです。

一般的に年齢は上がれば上がるほどローンに通りにくくなります。
完済時の年齢は80歳までにするのが基本なため、高齢になると返済期間を短くされるケースがあります。

また職業では公務員など安定した職業ほど有利で、個人事業主などでは過去3年分の確定申告書を要求されることが多いようです。

勤続年数は3年あればほぼ問題ありませんが、1~2年の場合は銀行によって対応が異なります。
過去の職歴が多い場合、申し込み時に職歴書の添付を求められるケースもあります。

収入は借入できる金額に対して大きな影響があります。
銀行独自の審査金利と返済負担率に基づいて年収に対していくらなら貸付可能かを審査します。

そして、かなり重要なのが申し込み時の他の借入状況と、過去の返済状況です。
他に車のローンや消費者金融からの借り入れなどがあると、その返済を終わらせることがローン契約の条件となることもあります。
また、過去に返済遅延や代位弁済の経歴があると、住宅ローンの契約自体がかなり難しくなります。

団信に加入することが契約の条件となっている銀行の場合、健康状態に大きな問題があると、ローン契約ができない場合があります。
その場合は団信加入が必須ではないローンを選ぶことになります。