住宅ローンについて

住宅を購入する際、数千万以上にもなる金額を全額現金で支払える人はほとんどいません。
そのため、多くの場合は住宅ローンを組むことになります。
住宅ローンとは、住宅の購入に際して、その土地や建物を担保として金融期間から融資を受ける方法です。

住宅ローン商品は銀行、信用金庫、JAバンクなど多くの金融機関が取り扱いを行っています。
数あるローン商品の中でも金利が安く抑えられた商品で、返済期間は多くの場合、最長35年までから選ぶことができるようになっています。
そのため、数千万以上の多額のローンでも毎月の返済額を抑え、生活を圧迫しないような計画を立てることが可能です。

住宅ローンでは金融機関指定の 保証会社が連帯保証を受け持つことが多く、契約時にはその保証料が必要です。
万が一債務者が返済できなくなった場合は、その保証会社が代位弁済を行うことになります。

また、住宅ローン契約をする際は、団体信用生命保険(団信)に加入するのが一般的です。
団信に加入している返済者が、返済中に死亡や高度障害状態などとなった場合、団信の保険金でローンの残額が相殺される仕組みです。
団信の保険料はローン金利に含まれるケースが一般的ですが、フラット35などの場合は任意加入のため、希望する場合は別途保険契約をする必要があります。
なお、団信は生命保険の一種ですので、既往歴や直近の健康診断の結果などによっては、加入できないケースもあります。

住宅ローンを利用する場合は各金融機関や商品の特徴を理解し、金利やプランを比較して、自分にあった商品を見つけることが大切です。