住宅ローンはどのくらい借りれる?

住宅ローンを借りる場合、自分がどのくらいなら借りられるのか、という点は気になるものです。

金融機関から借り入れ可能な金額というのは個人の属性によって大きく異なります。

女性

年齢、職業、勤続年数、年収、住宅ローン以外の借入状況などが主な要因ですが、これらを総合的に見て判断されます。
各金融機関は基準を公表していませんが、フラット35では以下のような基準となっています。

年間の返済負担率が年収400万円未満では30%以下、年収400万円以上では35%以下であることです。

この返済負担率とは、年収に対して返済額の占める割合です。
つまり、年収400万円の場合、その35%である140万円が年間の返済額の上限となります。
140万円を12で割った11.7万円が月々の返済額の上限です。

一般的に金融機関では金利を4%と仮定して審査を行うと言われています。
月々10万円の返済額で金利を4%と仮定すると、10年間で1,155万円、20年間で1,930万円、35年間で2,642万円となります。

他に借入などがなければ、上記の金額が目安となりますが、中古住宅などで担保価値が低いと判断された場合や、安定していない職業の場合は、少なくなることもあります。

しかし、住宅ローンを借りる際は、いくら借りられるかではなく、いくらなら返済していけるか、を前提としましょう。
金融機関から借りることができたからと言って、それが返済可能かどうかは個人の生活次第です。
今後の生活の変化なども想定して、無理のない範囲のローンを組みましょう。

関連サイトの紹介

【事例あり】専業主婦カードローン※内緒でお金借りる方法とは?・・・専業主婦が借りれるカードローンが掲載しているサイトです。